変な国、ニッポン

2014.07.07 Column 0 Comment boff 23 views

東京で活躍中のデザイナー、Kenichi Tanaka氏によって2010年に制作された「Japan – The Strange Country」がなかなか興味深ったのでご紹介。

 

Japan – The Strange Country (Japanese ver.) from Kenichi on Vimeo.

 

大学の卒業制作のために作られたこの作品は、外国人の視点から日本を次の8つのカテゴリーに分けて紹介しています。

 

  1. 特徴(Character)
  2. 東京(Tokyo)
  3. 食料(Food)
  4. テクノロジー(Technology)
  5. 水(Water)
  6. 寿司(Sushi)
  7. 愛(Love)
  8. 自殺(Suicide)

 

日本人としてこの作品を見たとき、とくに「変だな」と思ったのは、8つ目の「自殺」でした。

年間3万人以上が自ら死を選ぶ日本人、実に16分に1人が自殺していると動画の中でも指摘されています。

おそらく、統計上含まれていない自殺未遂や病院に運ばれてから亡くなった人の数を入れると、さらにその数は膨れ上がることが予想されます。

「経済的豊かさは心の豊かさにはつながらないのでしょうか?」というTanaka氏の疑問は、マーケターである私たちにとっても永遠のテーマとなっています。

 

インフォグラフィックとしてもとても素晴らしい作品だと思いました。

最後にギリシャ人はやり過ぎですw

 

絵でわかる 英語で紹介する日本文化
桑原 功次
ナツメ社
売り上げランキング: 15,273

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Only Japanese comments permit.

TrackBack URL