第二次世界大戦の戦没者

2016.02.02 Selfish Study 0 Comment boff 23 views

ややショッキングなタイトルですが、アメリカ フィラデルフィアのクリエーター Neil Halloran氏によって制作された「The Fallen of World War II」が、その内容もさることながら、インフォグラフィックとしても非常にすばらしいと思ったのであえてご紹介します。

 

第二次世界大戦の戦没者 from Neil Halloran on Vimeo.

 

この作品は、第二次世界大戦やその他の歴史的大戦における戦没者数に焦点を当て、それらをタイムライン上でインフォグラフィカルに表現しながら、戦争と平和について問題提起をしています。

とくに衝撃を覚えたのは、独ソ戦での両国の戦死者数に関する比較です。
独ソ戦において、ドイツは230万人、ソ連は870万人†1の戦死者を出したそうです。
ただ数字で「230万人」、「870万人」と見ても正直ピンときませんが、グラフとして積み上がるピクトがいつまでたっても止まらない様子に、恐怖感と戦争の悲惨さをひしひしと感じます。
そして、この数字に一般市民の犠牲者数が加わるわけで・・・・。

15分と少々長いですが、インフォグラフィックの説得力を堪能することができます。

 

「長い平和」がいつまでも続きますように。

 

暴力の人類史 上
暴力の人類史 上

posted with amazlet at 16.02.02
スティーブン・ピンカー
青土社
売り上げランキング: 29,547

Notes

  1. ある研究者グループによると1,400万人にのぼるとも言われているそうです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Only Japanese comments permit.

TrackBack URL