500 TYPE EVAに乗る

2016.04.17 Column 0 Comment boff 101 views
500typeeva_01

 

4月15日、広島から博多の区間で、たまたま500 TYPE EVAに乗ることができました。
500 TYPE EVAとは、40周年の山陽新幹線と20周年のエヴァンゲリオンのコラボ企画で、新大阪-博多間の500系こだま(730号と741号)をエヴァンゲリオン仕様に改造して運行しています。

 

500typeeva_02

 

1号車は500 TYPE EVAの展示・体験ルームとして、すべての座席が取り払われ、パネル、ジオラマ、エヴァンゲリオン実物大コックピットなどが常設されていました。
ちなみに実物大コックピットの搭乗体験は事前予約制なので、サイトなどから申し込んだ上抽選で当選しないと乗れません。

 

惣流・アスカ・ラングレーのパネルと実物大コックピット

 

500typeeva_04

 

500typeeva_05

 

500typeeva_06

 

ジオラマをよく見ると、葛城ミサト、赤木リツコ、碇ゲンドウも配置されています。

 

2号車は特別内装車となっており、シェードや座席カバーなどもエヴァ仕様でした。

 

500typeeva_14

 

喫煙室には、加持リョウジと赤木リツコがいたりと、なかなか芸が細かいのです。

 

500typeeva_11

 

500typeeva_12

 

車内限定のガイドパンフとポストカードももらいました。

 

500typeeva_13

 

500 TYPE EVAは、2015年11月7日~2017年3月まで運行予定だそうです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Only Japanese comments permit.

TrackBack URL