2010年 New Year Party

2010.01.24 Information 1 Comment boff 12 views
2010年 New Year Party in 山のコバコ

 

2010年1月23日、くらしのコバコプロデュースのNew Year Partyにおよばれしました。
いつもの愉快な仲間たちと、今回はゲストの方もお招きして、賑やかに和やかに楽しい会となりました。
 

覚えている範囲でpiccardさんによる垂涎のメニューは以下の通り。

 

いちごのシャンパン
ディップ & カナッペ
オリーブとラディッシュ
焼き芋
石窯ピッツァ
青森おでん
豚の角煮
レンコンチップス
かぶのファルシー
かぼちゃポタージュ
フライドチキン
金柑ヨーグルト

 

特筆すべきは、piccardさん第?番目の故郷である青森のご当地グルメ「青森おでん」でしょう。
具材はごくごくシンプルに、角天とこんにゃくのみで、どういうわけだかすべて串に刺さっています。
そして食べるときに、生姜味噌をかけて食べるのが青森おでんのオリジナリティということでした。
ちょっと田楽に通じるものがあるなと思ったら、そもそもおでんのルーツは「田楽」らしいですね。
おでんの「でん」は田楽の「でん」†1だったんだ!
その意味では、青森おでんはおでんの原型にきわめて近い状態ですよね。
ほんのり甘辛い生姜味噌ダレってのが、寒い東北ならではの食文化っぽいなぁ~と思いました†2

 

山のコバコと石窯

 

そしてもう一品は石窯ピッツァでしょう†3
自分たちで生地を伸ばして、好きな具材をトッピングし、石窯で焼きたて熱々のピッツァをみんなで食べるなんて!まずいわけがないっ!
5~6枚焼きましたけど、最後の2枚は本場イタリアナポリに負けないくらいのマルゲリータ!
耐火煉瓦をセメントで積み上げただけのプリミティブな石窯なのに、なんてすばらしい仕事をするんだと感心しました。
もし庭付き一軒家にお住まいなら、石窯は必須アイテムですよ。
マジで石窯がほしい~!
もしかしたら山や河原とかでも、まわりにある石とか土を崩れないように窯状にすることさえできれば、石窯のような調理器具を準備することができるのではないかと思ってしまいます。
そういう意味では、アウトドアやDIYは、実際に体験してみることが心を動かすのにものすごく重要なんですな。
そんなこんなで、お腹がパンパンになるまで食べまくった、美味しいNew Year Partyでした。
あらためてプロデュースしてくれたpiccardさんに感謝。

Notes

  1. 紀文さんのサイトに詳しい情報があります
  2. 「青森おでん」についての詳しい情報は、『「おでんの街・あおもり構想」の発信』をご覧ください。
  3. 山のコバコに石窯が登場するまでのプロセスはこちらをどうぞ

Reaction

  1. Pinky より:

    piccardさん おいしい思い出をありがとうございました!:**::**:
    この場を借りて御礼申し上げます。
    ピザはトッピングなどみんなで準備できるので楽しいですね。
    焼く度に少しずつコツがわかってきて、もっとやると益々おいしく上手くできるはずですよね~。たぶん。
    またいつかやりたいな~:wink:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Only Japanese comments permit.

TrackBack URL