古着屋がどんどん閉店している

2008.01.27 Column 4 Comments piccard 334 views

ここ3ヶ月で、天神周辺のインポートものの古着屋が、次々になくなっている。
わたしのごひいきだった50年代アメリカのかわいいちゃんが集結していた「カウボーイプードル」が、行ってみたらシャッターが閉まってて呆然としたのを皮切りに、上人橋通りや今泉の古着屋は、ドミノ倒しのように、バタバカと店を閉じ、ついに、けやき通りにある福岡古着界の雄「JET RAG」も29日で閉店!の情報。
全商品7割引大会になっていると聞き、ダッシュで行って来た。買ってきた。

 

うれしかなし70年代コート

 

全てが70%off。大量の中から、お宝を掘り出すのはけっこうたいへん。でも、このうえなく楽しい。
そのなかで、きらーんと私の目を吸い寄せ「こりだっ」と運命の出会いを感じたのが、このコート。
70年代に作られたアメリカはシアーズ社のもの。
「シアーズ」。なつかしい響き。

 

 

ふかふかの生地と、真っ黒のレザーを編みこんだボタン。
こうして写すと、テディベアみたいなかわいさだ。
コレが、古着のたまらんところ。

 

 

サーモンピンクの裏地に、前たての裏部分はベージュのレザーが張ってあるし、裏地の裾は手縫い仕上げ(かなり不器用な縫い目だけど)。細部がいちいちかわいい。

 

で、素材はというと・・・
<ウルトラミンク>ときたもんだ。
なに、実は、今となっては珍しくもなんともない「アクリルボア」のことなんですけどね、
当時は化学繊維でミンクタッチというのが新素材で非常にもてはやされたんだなぁと、この「ウルトラ」の字を見るだけで想像できます。
このかわいさ満載の(かつ、ほかほかにあったかい)ウルトラミンクコートのお値段は。
なんと、
なんと、
1200え~ん
お店なくなると思うと切なく哀しいけど、わ~い、やった~:!!:
:**:わたくしのコートコレクション、殿堂入りですわ。

 

も一個、かわいいショルダーバッグ

デッドストックもので、新品同様。毛糸を刺し刺しした(ニードルポイントアクセサリーってタグに書いてあった)これまた70年代初め頃のショルダーバッグ。バスの車掌さんが前に下げてたくらいの大きさの。懐かしさたつぷりのバッグです。

 

 

ニューヨーク生まれですの。おほほ。

 

アメリカはMARKANN社のもの。(って知らんけど)
このタグと、MARKANN社のマーク、たまらんくかわいい。
お値段は、1500円なり。上のコートよりも高い買物だけど、もう二度とは出会えないでしょうってことで、お買い上げ。
JET RAGの驚異のセールは29日まで。
お店の前では、デカ紙袋詰め放題1050円という企画もやってるよん。
福岡にお住まいの方は急がれよ!

Reaction

  1. Boff より:

    古着屋が次々の閉店しているのですね。
    あ・・・消費の文化レベルが下がっているんだなぁ。
    街の文化レベルも下がっているんだなぁ。
    だから、「ヤマト」を歌うんだっ!

  2. piccard より:

    天神コアなんかには、SPiNNSなんかがワンフロア入り、横のビブレにも「HANJIRO」が入りと、古着業界進出しているようにも見えますが、古着をリメイクして今時に直したような亜流ものが大半を占め、出会う楽しみは半減。レベルダウンです。
    boffさん言うように、消費の文化レベルが下がっているんだなぁ。
    自分の目で探して掘り出す楽しみが下がってきている。
    お子ちゃま消費ですね。

  3. Boff より:

    >お子ちゃま消費
    同意。
    ちょっと専門家っぽくいうと、「消費のアマチュア化」といった現象に拍車がかかるでしょうね。
    昨年末にマスコミを賑わかせた「食品偽装」の問題。
    消費者(というか人間)として「感覚器官」(偽装の場合は味覚)が鈍くなっているように思いました。
    別の意味での「飼育化」ってところでしょうか?
    もちろん、「偽装」は論外ですけど。

  4. piccard より:

    >「消費のアマチュア化」
    そ、そうか。そういえば、かっこいいね。
    レポートにそんな専門用語をちりばめられるようになるのが今年の目標さ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Only Japanese comments permit.

TrackBack URL