ICレコーダが壊れたので物色中

2015.07.26 Gadget 0 Comment boff 60 views
ICRecorder

 

愛用のICレコーダーが壊れました。
RECボタンを押してもREC中は表示されるが、ノイズばかりで何も録音してくれなくなりました。

7年くらい使っているので、寿命といえば寿命だったのかもしれません。

合掌。

 

といういことで、現在、新しいICレコーダーを物色中でして、5,000円前後の価格帯で以下の3つにまで候補を絞って比較検討してみました。

 

Panasonic ICレコーダー 2GB シルバー RR-XS355-S
パナソニック (2013-11-15)
売り上げランキング: 9,657

 

 

OLYMPUS ICレコーダー VoiceTrek 2GB MicroSD対応 MP3/WMA SLV シルバー V-821
オリンパス (2014-01-24)
売り上げランキング: 4,039

 

録音周波数特性(JEITA)の比較これらの製品について、録音形式ごとに録音周波数特性(JEITA)を比較してみたのが右の図表です。

録音周波数特性とは、どの範囲の音域を録れるかということらしく、下限の数値が小さいほど低音を、上限の数値が高いほど高音を録音できるということを表しています。

グラフをみると、低音についてはほとんど差はないといっていいのかもしれませんね。

高音については、PCM対応のRR-XS355(Panasonic)が最も優れているため守備範囲が広く、olympusは全体的に録音能力がやや非力な印象を受けます。

 

当初、ファイルサイズがでかくなると扱いが面倒だし、結局MP3形式しか使わないかもということで、PCM対応の機械は選択対象外だったのですが、こうやって比べるといざというときPCMが選択できるのも悪くないかもしれないと思いました。

まぁ、座談会やヒアリングに使うのに、高音質である必要はあまりないですけどね。

 

おすすめのICレコーダーがあったらぜひ教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Only Japanese comments permit.

TrackBack URL