まめに働き五穀豊穣で金運を喜ぶ

2016.01.01 Column 0 Comment boff 21 views
2016_0101_01

 

2016年がはじまりました。

 

お正月なので、今年はお節とお雑煮とお大根の炊いたんをいただきました。

ちなみに、お雑煮とお大根の炊いたのは自作です。

京風白味噌仕立てのお雑煮のおもちはちょっと焦げましたが、それはそれでご愛嬌。

 

2016_0101_02

 

お節はご近所のスーパーで購入しましたが、お節としては最小構成ということでしょうか。

お正月に食べるお節料理には、ひとつひとつ意味があります。

黒豆は「真っ黒に日焼けしてまめまめしく働けるように」、昆布巻きは「喜ぶ」、栗きんとんは「金運」、ごまめ(田作り)は「五穀豊穣」を意味するということです。

 

子どもころは、お節料理は苦手なものばっかりでしたが、この歳になるとどれも美味しく感じます。

ただ紅白なますと数の子をのぞいて。

 

12月31日だけでできるおせち (エイムック 2500 ei cooking)
太田 静栄
エイ出版社 (2012-11-20)
売り上げランキング: 48,217

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Only Japanese comments permit.

TrackBack URL