プレアデス星団、ヒアデス星団、そしてストーカー

2018.08.17 Column 0 Comment boff 87 views

2018年ペルセウス座流星群の記事で、12日の夜半から13日の未明にかけて東南の方角を撮影したら、流星は写らず代わりに別のものが写っていたと書きました。

それは何かと言いますと、ひとつは「プレアデス星団」、和名で「すばる」です。

そう!あの目を閉じて何も見えず・・・・あぁ砕け散る宿命の星たちよ・・・・あぁさんざめく名もなき星たちよ~♪で有名な、すばるです。

 

2018/08/13/ 2:17

 

天体については門外漢なので知りませんでしたが、すばるって、星団だったんですね。

実は、1つの星の名前だと思っていたし、まさか肉眼で見えるとも思っていませんでした。

調べてみると、プレアデス星団はおうし座の首あたりにあり、またおうし座の顔あたりには「ヒアデス星団」があって、こちらも肉眼で観察できます。

さらにその下には「オリオン座」が見えます。

 

星の神話†1によると、オリオンは、7人の美人姉妹であるプレイアデスに一目惚れ、しつこく求婚し追いかけまくった結果、7姉妹は白い鳩に姿を変え、やがて星になったそうです。

白い鳩からオスの牛になった挙げ句、相変わらず目の前にはオリオンが待ち構えているというアイロニー。

まるでストーカー事件やないか!

 

ちなみに、名曲「昴」では「名もなき星たちよ」と歌われていますが、プレイアデス7姉妹には、マイア、エーレクトラー、ターユゲテー、アルキュオネー、ケライノー、アステロペー、メロペーという名前がちゃんとありましたわ。

 

星と神話 物語で親しむ星の世界
講談社
売り上げランキング: 18,415

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Only Japanese comments permit.

TrackBack URL

Top