Windows7のUpdateが進まないときの解決の手がかり

2017.01.05 Column 0 Comment boff 76 views
Windows_Update

 

昨年から、Windows7のアップデート(Update)が「更新プログラムの確認」フェイズから全然進まず困っていました。

ネットで解決方法を色々探して、ようやくWindows7のアップデートができたので、どのように対処したのか記しておきます。

同じ問題でお困りのユーザーさんの参考になれば幸いです。

 

Windows Updateの設定を一時的に変更

まずはWindows Updateの設定を「更新プログラムを確認しない(推奨されません)」に一時的に変更します。

手順は以下の通りです。

 

  1. 「スタート」から「Windows Update」を選択
  2. 「設定の変更」から「重要な更新プログラム」の「更新プログラムを確認しない(推奨されません)」を選択
  3. 「OK」をクリック

 

Windows Updateのトラブルシューティングツールを使ってみる

次に「Windows Updateのトラブルシューティング」を使ってみましょう。

手順は以下の通りです。

 

  1. Windows Update のトラブルシューティング ツールについて」にアクセス
  2. 「Windows8またはWindows7」の「Fix it」の「今すぐ実行」をクリック
  3. 「WindowsUpdateDiagnostic.diagcab」をPCにダウンロード
  4. ダウンロードした「WindowsUpdateDiagnostic.diagcab」を実行
  5. 「次へ」をクリック(問題解決プロセスが始まります)
  6. 「トラブルシューティングツールを終了する」を選択(もしくは「閉じる」をクリック)

 

Windows Updateの再起動

次にサービス(ローカル)のWindows Updateを再起動しましょう。

手順は以下の通りです。

 

  1. 「スタート」から「コントロールパネル」を選択
  2. 「管理ツール」を選択し、「サービス」をダブルクリック
  3. 「サービス(ローカル)」の「Windows Update」を選択し「サービスの再起動」をクリック
  4. 「サービス」、「管理ツール」、「コントロールパネル」のウィンドウを閉じます

 

ひとまず以上の手続きを踏んでから「Windows Updete」の「更新プログラムの確認」をしたら、あっさりとWindows7のアップデートができました。

はっきりとした根拠はないのですが、「Windows Updateの再起動」が問題解決にとって大きかったのではないかと思います。

 

無事にアップデートができたらWindows Updeteの「設定の変更」の「重要な更新プログラム」を元に戻すことをくれぐれもお忘れなく。

 

できる大事典 Windows 7 Starter/HomePremium/Professional/Enterprise/Ultimate
羽山 博 吉川 明広 松村 誠一郎 できるシリーズ編集部
インプレスジャパン
売り上げランキング: 127,845

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Only Japanese comments permit.

TrackBack URL