ジャイアントなパンを略して?

2008.01.14 Column 2 Comments boff 4 views

ずばり「ジャイアントパンダ」だ。
山崎製パンのホームページにネーミングについて書かれていて、「大きなパンだ~」とみて思ったから「ジャイアントパンダ」という商品名にしたらしい・・・もはやダジャレか?

2008年1月1日に山崎製パンが新発売した「ジャイアントパンダ」。
これはパッケージをみて思わず買ってしまった。
ホームページでは普通の白黒パンダのパッケージがあり、こちらのほうがより「ジャイアントパンダ」らしい。
写真のグリーンの「ジャイアントパンダ」は全粒粉入りだそうだ。
パッケージの緑色のジャイアントパンダをみていると、何やら竹的な成分でも入っていそうなのだが、さてそのお味はというと、パンダとは無関係なごく普通のパンの味。
これってパンダ用のパン(つまりエサ)じゃないですよね?
ネーミングもパッケージも可愛らしいんですけど、パンダ用のパンに思えてくると食欲が著しく減退してしまった。

Reaction

  1. piccard より:

    今日ハローデーにお買物に行ったら「鬼太郎の下駄パン」というデーニッシュを見つけたよん。
    賞味期限近いらしくて、半額シールが貼ってあってお買い得でしたが、軽く無視。
    「下駄パン」ってさぁ。
    ちょっとどうかと思いません?
    (実物は、四角くて、切れ目が立てに数本入ってるだけで、じぇんじぇん下駄には見えんかったのよ)。
    たぶんリョーユーのだと思います。

  2. Boff より:

    それもひどいですね。
    以前紹介した「博多めんたいのパン」もそうでしたが、どうもマーケティングしてないなと思わせる点が満載じゃないですか?
    とはいえ「ジャイアントパンダ」はパッケージにつられて買ってしまったんですけど、残念ながら2度目はないですし。8-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Only Japanese comments permit.

TrackBack URL