【拙訳】ソーシャルメディアに関する5つの質問

2013.03.01 Selfish Study 0 Comment boff 90 views
A Conversation by khalid Albaih, on Flickr

 

以下は、ソーシャルメディアの社会的インパクトに関して、2011年9月21日に書かれた”Five Questions With: Nikhilesh Dholakia“(PBN.com)という記事の拙訳です。

 

5つの質問:ニキルシュ・ドラキア氏
—————————————–
「熱心なユーザーにとって、ソーシャルメディアは新たな存在次元になりつつある」URIマーケティングと国際ビジネス ニキルシュ・ドラキア教授 談
—————————————–
ニキルシュ・”ニック”・ドラキアロードアイランド大学(URI)でマーケティングと国際ビジネスの教授を務めている。
彼の研究は、グローバリゼーション、テクノロジー、イノベーション、市場プロセス、および消費文化である。彼の業績は、新しいテクノロジーとビジネスに対するその含意について数冊の本に収録されている(“Worldwide E-Commerce” 、“Online Marketing: Watching the Evolution.”)。
彼と彼の妻、ルビー・ロイ・ドラキアは、URIの経営管理学部で電気通信情報マーケティング研究所(RITIM)創設に助力した。
彼の業績は、彼が監督する博士論文をまとめた、URIの研究&イノベーション2011年版、「ソーシャルネットワーキングというビッグビジネス」において最近紹介された。

—————————————–
PBN:多くの人が、いかにソーシャルメディアが巨大ビジネスであるかについて語っているようですが、―FacebookとTwitterのリレーションシップそれ自体のような―ほとんど非現実的なように思えます。
Facebookは広告を組み込むのに時間がかかり、Twitterは「宣伝」つぶやきを開始したばかりです…これらの企業の具体的な価値は何ですか?多くのポテンシャルがあると思いますが、実際これらの企業はどのように利益を生むのですか?

 

ドラキア氏:今後数年間の「熾烈なバトルのすべての源」は、GoogleとFacebookの間に生じる。Googleでは、コンテンツ範囲の増大とアプリケーションとサービスのバスロードへのアクセスを持っています。「コンテンツの関連性」に正しく焦点を当て、それに応じた広告を提供するGoogleの能力は素晴らしいです。しかしFacebookは、個人的な関連性と粘着性を持っています。Facebook上でのコンテンツは、人々によって創造され、整理分類されています。
物事を探すためにGoogleを使わざるを得ないが、人々は、Facebookにアクセスしたい―純粋な好奇心から抜けだして。そのことは、まるでポテトチップスに対して豆を食べるようなものです。豆はあなたにとって有用だから、それらを食べるようになっているが、しかしこれらのとびきりのポテトチップスを食べるのをやめることができない―それは純粋にハマった状態(indulgence)です。私にとって、Facebookは「ハマるメディア(indulgent media)」の最高峰を示しています。Googleは、新聞広告や他のB2B広告メディアからビジネスを奪い去った。Facebookは、もしそのハマり度(indulgence level)を高めることができれば、テレビや雑誌からから広告を奪い去るだろう。他の事例を示してみると―IBMはビジネスライクだから好調だし、Appleはそれが楽しいから好調なのである。私は、GoogleとFacebookは共存できると思うが、おそらくGoogleは時間の経過とともによりビジネスライクになり、Facebookは継続的にその楽しみの要素を高める必要があるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Only Japanese comments permit.

TrackBack URL