2020年7月 ネオワイズ彗星の撮影

2020.07.23 Column 0 Comment boff 49 views

2020年7月、ネオワイズ彗星が北西の夜空に見えるというので、7月20日に撮影してみました。
ちなみに、今日7月23日が地球にもっとも接近するそうですが、残念ながら福岡は雨です。

 

どのあたりに出現するのかわからなかったので、ひとまず35mmの明るめレンズで広めに撮影して、出現ポイントを特定することにしました。
北西の意外と低い位置、おおぐま座の前足付近に捕捉できました。

 

ネオワイズ彗星 2020年7月20日 20:25:44(35mm、f/2、25sec、ISO100)

 

ネオワイズ彗星 2020年7月20日 20:25:44(35mm、f/2、25sec、ISO100)

 

ネオワイズ彗星 2020年7月20日 20:27:49(35mm、f/2、25sec、ISO100)

 

ネオワイズ彗星 2020年7月20日 20:27:49(35mm、f/2、25sec、ISO100)

 

 

次に少し長めの50mmのレンズに交換して狙ってみました。

 

ネオワイズ彗星 2020年7月20日 20:38:30(50mm、f/2、15sec、ISO100)

 

ネオワイズ彗星 2020年7月20日 20:38:30(50mm、f/2、15sec、ISO100)

 

 

彗星を初めて撮影して思ったことです。

 

  • 流星と違ってその場に留まっているので撮影しやすかった。
  • 街中だと肉眼で観察できないので、双眼鏡があれば見えるかも。
  • 時間の経過とともに、彗星が遠ざかって暗くなっていく印象。
  • 100mm以上の長いレンズで撮ってもよかったかな。

 

彗星の特徴である「尻尾」は、中心の核から放出されたガスやチリが、太陽風によって吹き流されて尻尾のように見えるらしいですね。
ネオワイズ彗星がいつから彗星しているのか知りませんが、少なくとも次地球にやってくる6000年以上もガスを出し続けるのか?と思うと、宇宙は広大無辺です。

 

次にネオワイズ彗星が地球にやってくるのは、6684年後の8704年ごろとのこと。

 

P.S
ネオワイズ彗星は8月16日ごろまでは見えるそうです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Only Japanese comments permit.

TrackBack URL

Top