ソーシャルメディアを考える その3

2013.05.10 Selfish Study 0 Comment boff 48 views

WebHostingBuzz“にあった、「2013年のソーシャルシェアリングの状況」に関するインフォグラフィックの中身を拙訳してみました。
 

誰が何をシェアしている? 2013年のソーシャルシェアリングの状況
Who's sharing what?

 

オンラインコミュニティ&アプリ・トップ8:Facebook、Twitter、Pinterest、LinkedIn、Google+、YouTube、Tumblr、Instagram。
ソーシャルメディアのシェアリングは、検索エンジンランキングにおいて2番目に重要な要因になっており、強力なコンテンツだけが突破した。
「ヴァイラルに移行する(go viral)」ためのもっとも良い方法は、何百万のユーザーを引き込み、各々のユーザーが小さなネットワークを通してシェアすることである。
86%の人びとが、ウェブサイトの新しいアカウントを作成する必要性に煩わしさを感じている。
ソーシャルログインは「あらゆるサイトによって提供されるべき良い解決策」であると、77%が回答している。

 

Facebook
Facebook

 

Facebookの月間アクティブユーザーは10億人以上。
Facebook人口は、今や1804年の全世界人口と同じ規模。
ウェブ上の全ページビューの20%が、Facebook上で生じている。
毎日32億の「いいね」とコメントが送信される。
毎日3億の写真がアップロード(500TB以上の新しいデータ)され、強力なホスティングリソースを必要とする。
Facebookにアップロードされた写真は2,190億枚以上。

 

Twitter
Twitter

 

現在、2億人以上のアクティブユーザーが存在。
Twitterユーザーの40%はめったにつぶやかず、主にコンテンツを見ているだけ。
ユーザーの55%は、モバイル端末からTwitterにアクセス。
マーケターの34%は、Twitterを使って潜在的顧客(leads)を見出している。

 

Pinterest
Pinterest

 

現在Pinterestは、1,100万人以上のユーザーを誇っている。
成人インターネットユーザーの12%が、Pinterestを利用。
Pinterestユーザーの大半は女性(83%)であり、女性インターネットユーザーのほぼ5人に1人(19%)に相当。
すべての「ピン」のうち22%がニューヨークからであり、続いて15%がロサンゼルスである。
「ピン」の80%が「リピン」である。

 

LinkedIn
LinkedIn

 

LinkedIn.comには、毎週5,000万人以上のユニークビジターが訪れている。
1%のLinkedIn中毒者が、全トラフィックの26%を担っている。
すべての従業員プロフィール閲覧数の25%は、同僚による閲覧である。

 

Google+
Google+

Google+は現在、5億人以上のメンバーが存在する。
世界中のSNSの中で2番目に巨大。
Google+1ボタンは、1日50億回押されている。

 

YouTube
YouTube

 

500年分のYouTube動画がFacebookで1日に見られている。
毎分700のYouTube動画が、Twitterでシェアされている。
1億人が、毎週YouTubeで社会活動を行なっている。
YouTube動画の50%以上がコミュニティから評価やコメントを付けられている。
40億時間以上の動画が、毎月YouTubeで見られている。

 

Instagram
Instagram

 

成人インターネットユーザーの12%がInstagramを利用。
毎日4,000万以上の写真がInstagramにアップロードされ、それぞれの写真には異なるゾーンに保管された12枚の複製写真がある。
ユーザーの25%が3枚以上の写真をアップロードする。
40億近くの写真が、当初からInstagramでシェアされてきた。

 

Tumblr
Tumblr

 

成人インターネットユーザーの5%がTumblrを利用。
ちょうど2%のメンバーが全トラフィックの40%を担っている。
Tumblr記事での5つのポピュラーなタグは、「GIF」、「LOL」、「FASHION」、「ART」、「VINTAGE」。

 

Who-s-sharing-what_s_10.jpg

 

現在、2億5,000以上のつぶやきや8億以上のFacebookステータスの更新が毎日行われている。
従業員規模100人以上の企業の90%が、ソーシャルメディアをマーケティング・ミックスに利用している。
83%がFacebookを利用。
53%がTwitterを利用。
このギャップは、Twitter利用の急速な成長によって2014年までには小さくなる見込みである。
ソーシャルメディアの広告宣伝費は、2015年までに83億ドルに膨らむだろう。
成人インターネットユーザーの46%が、自分自身で生み出したコンテンツをシェアしている(クリエーター)。
成人インターネットユーザーの41%が、ネット上で見つけた写真や動画を保持したり、再掲載したりしている(キュレーター)。
インターネットユーザーの56%が、少なくともクリエーターかキュレーター活動のどちらかをしている。
インターネットユーザーの32%が、クリエーター活動もキュレーター活動もどちらもしている。
ソーシャルメディアメッセージの23%は、コンテンツへのリンクを含んだものである。

原文

 

ソーシャル・ネットワーク [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2011-12-21)
売り上げランキング: 4,121

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Only Japanese comments permit.

TrackBack URL